栗
」は、低フォドマップ(FODMAP)食です。

栗が低フォドマップの理由

秋の味覚の代表格「栗」は、フォドマップ糖質が含まれないので食べても問題ありません。
栗をそのまま炒って食べたりゆでて食べる分には良いのですが、フォドマップ糖質が含まれる「牛乳(乳糖)」と栗を混ぜたドリンクなどには注意してください。

他にも栗のデザートとして有名な「モンブラン」等も、スポンジ部分に高フォドマップの「小麦」が使用されいるため、ご自宅で作るならスペルト小麦やグルテンフリーの食材で作ると良いでしょう。

その他の食材・食品のフォドマップ判定は、FODMAP(フォドマップ)食品一覧をご覧ください。
カンタン検索の機能も付いていますので、ぜひご活用ください♪

FODMAP(フォドマップ)食品一覧表
【参考】FODMAP(フォドマップ)食品一覧表
こちらは、FODMAPの食品一覧です。高FODMAP、低FODMAP、どちらに該当するか調べる際にご覧ください。

栗の成分表

文部科学省が開発した「食品成分データベース」を参考に記載しています。
食品によっては、生・ゆで・焼き…など、食べ方によって成分量が変わる場合がありますのでご注意ください。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質
167kcal 58.4g 3.5g 0.6g
炭水化物 灰分 でんぷん ぶどう糖
36.7g 0.8g 25.8g Trg
果糖 ガラクトース しょ糖 麦芽糖
Trg -g 4.2g 0g
乳糖 トレハロース ソルビトール マンニトール
‘(0)g ‘(0)g -g -g

※表の値は、可食部100g当たりに含まれる成分量です。
※「tr」は微量な成分のトレースを意味し、「(0)」は限りなく0に近い微量を意味します。

\ この記事をみんなにシェアしよう! /